2013年08月14日

敏感だったり、鈍感だったり

人生の3分の2をビジネスと家族で、残りの時間をこさじ1杯半だけ自分のこと&夢の中で過ごしているクロキです。


さて先日からの憩室炎羅漢の際に、一切口から何も取らない日が5日ほど続きましたが、そこでわかったこと。

それは、味覚が敏感になるってこと。

違いがわかりにくかったお茶があったんですが、


「ちゃうやん! ここが!」


と、スコーンとわかった(^_^)

最後のひと味というか、べろと喉を通りすぎる瞬間の引っ掛かりの有無がみえた。


普段から酒もタバコもやらないから、それなりに敏感だとは思うけど、調味料の濃い料理の多い現代では、ベロも脳ミソも、しまいにはハートまで麻痺して鈍感になりよるってす。


多分・・・。



そして晩めし。

妻が外出のため、チビにチャーハンを作る。
いつもの濃い味にならないように、薄目の味付け。


炒めながら最後に、醤油をフライパンのフチから少したらして完成。
香り良く、ギトギトしない品のあるチャーハンの出来上がり。

おかわりが欲しいが、こんなときに限って多く作っていない。



「星、みっつ、頂きましたあ!」(自己採点)


と言いながら、食べるのが遅い娘にイライラ。


(ここは鈍感力が要る)



時には敏感に、時には鈍感に。


あー、人間はこの使い分けが一番ナンギながね〜!!





 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
敏感だったり、鈍感だったり
    コメント(0)