2009年07月30日

7/30 品質を再確認中!



製造担当者、生産担当者と私で今年採れた自園のお茶と仕入れたお茶など比較して、その品質や改善点など話あいました。

4,5月に収穫した一番大切な新茶(1番茶)をこの時期、改めてゆっくり見てみると、来年の収穫にむけてどう良くしていくか、改善していくか・・・という話になります。

いつも思いますが、お茶は工業製品ではなく農産物ですから、毎年自然の環境、特に冬から春にかけての雨量や気温が大きく影響します。
特にここ数年は冬場の高温化(温暖化)がすすみ、管理の仕方も変えなければいけなく難しさがあります。

またお茶それぞれが、香り、形、色、抽出度合い、芽や葉の大小など違い、販売する値段や味を作るためにバランスを考え、ブレンドして仕上げていきます。

その作業はかなり繊細な仕事で、経験と感覚の両方が要ります。

でも難しいからこそ、これまた面白いですね。



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
7/30 品質を再確認中!
    コメント(0)