2011年11月25日

11/25品質維持とたい焼きの郷愁



午前中はお茶の品質チェック。

今回は、最近仕上げた100g500円「家族のお茶」と700円「黒木さんちのお茶」が前作と比べてどんげかチェックです。


というのも、500円の方は少し原料の組み合わせを変えたし、700円の方は香りをもすこし出したいから焙煎温度を上げたんですわ。


その結果・・。


「家族のお茶」はパッケージに書いてある通り、2煎目まで美味しいし飲みやすい味でOK!

「黒木さんち」は、火温を少し上げた分、確かに飲み口にほんのり香ばしさが出てこれもOK(^-^)


自画自賛。

自我じーさん。


自我と言えば、最近よく元国会議員の杉村タイゾウ氏に似ていると言われる。

あの、お喋りキャラも含めて(>_<)

確かに昨夜でも、夜の街でアルコールは飲んでいないのに我ながらよ〜喋るなあと感心します。

幼少の頃、無口な息子をなんとかしようと母が当時流行った「泳げたい焼き君」のレコードを何回もかけて喋りをうまくしよう!としたらしいですが・・・・。

(これ、この前も書いたかな)


でも母曰く、

「聴かせ過ぎて口の多い息子になった」

らしい・・・。


(-_-)



なんじゃそりゃ。


でも、今でもたい焼きが大好きだし、たい焼きの移動販売カーで

「むあいにっち、むあいにっち僕らはテッパンのおう〜」

という曲を聴くとなんか懐かしく切なくなるのはそのレコードのせいだろうか・・・。



まあ、仕事中に真剣に考えるこっちゃないけど(^^ゞ



この記事へのコメント
因みに私は鯛焼きや回転焼きの餡は白餡派!!!で絶対"粒餡"
あっ、こんなのどうでも良かったかな(笑)

御茶の吟味、日々されている事がいつも読んでて判ります。
私達は細かくは判らないけれど、我家の新緑園への鞍替えの切っ掛けは
其れまで注文してた他店の御茶が「何だか少し御茶の味が落ちて来て無い!?」からでした。この基準ってプロにとっては大まかな言い方でしょぅが、
この大まかな表現の中に微妙に隠されている御茶のデリケートさを
感じるのがプロの見極めですね。これからも宜しくお願いしますね♪
なんてぇ~(笑)
Posted by ソフト部長かえるちゃん at 2011年11月25日 14:57
かえる部長様、こんにちは。

私はたい焼きもあんパンも粒&黒あん派です、断然。

お茶の方は、作る側がこだわれば良い物になるかと言えばそうとも限らないし、原料も高いものが美味しいとも限らないし、まあ考えるとエンドレスです。

同じお茶でも時と場合で違う味に感じますし。

繊細な社長のお茶ですからそんな味になりますかな(^-^)
Posted by 新緑園 at 2011年11月26日 10:23
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
11/25品質維持とたい焼きの郷愁
    コメント(2)