2013年02月15日

2/15タバコの想い&コタツタイム



仕事と家庭のコトで人生の3分の2を過ごしているクロキです(自分のコトは、小さじ3分の2くらい考えてますが)


隣にある母宅のベランダに、今は亡き父のタバコの吸殻。


「こりゃ捨てれん」


そういえば、動かなくなった父の口に、

「昭男さん、タバコ吸いない!」

と、煙の上がるタバコを父の口につけた親戚のおじさんがいたり・・・。


また義理の兄は、

「たばこ買ってくるから、棺に入れていいか?」

と聞いてきたり。



その気持ち、かなり嬉しいです・・・。



そしてそれはそれとして、また感情溢れる毎日が、当たり前の様に馬車馬が走る様に?過ぎていく。


会社のことでは、出張を効率よく計画したり、今年の目標の再確認、2月、3月の店の企画はお客様に喜んで頂けるか、今年の袋デザイン一新はうまくいくか、「あ! あそこに提案してな〜い」、「挨拶に寄らんといかんけどまだ行ってない」と、頭を感情と判断と決断がかけめぐる。


家では、これまた毎日のデキゴトを繰り返す。


それらは、格好いい生活ではないけれど、コタツで至極緩んだ表情で寝入る妻子の顔を見ると、

「まあ、オッケーかいな?」

と思ってくる。



そう考えていると、夜の10時半。

チューイチ娘が塾から帰宅。

大晦日みたいに全員でコタツ・タイム。



そんじゃ、また。

(結論もオチもなんも無いblogでしたが、また読んでくださいな)





この記事へのコメント
来月は、父の七回忌を迎えます。 
今でも、父のことを考えると涙がでます。

父は、私のことが大好きで、私も父のことが大好きでした。

だから・・・・今も傍で守ってくれていると、信じています。

両親がいたからこそ、今の自分がいると思うと

感謝の気持ちでいっぱいです。

お父様は、見守ってくださっていますよ  
Posted by にしまゆ at 2013年02月21日 23:22
にしまゆさん、おはようございます。

そーだったんですね。
「大好き」と言える気持ち、素晴らしいです。

私は父とは同性ですから、好きというより、感謝や「負けんで頑張るよ」と遺影に語りかける気持ちです。

話好きな父でしたから、喋らないのが不思議におもったりもします。
Posted by お茶屋45 at 2013年02月22日 07:08
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
2/15タバコの想い&コタツタイム
    コメント(2)