2014年02月09日

瞳の色の違う同級生

人生の3分の2をビジネス&マイファミリーで、残りの時間を楽しい夢を見ながら睡眠と小さじ半分だけ自分のことで過ごしているクロキシンゴです。

東京、吉祥寺で日本茶やフレーバーティーを販売され、様々なマスメディアでも紹介さているステファン・ダントン氏。


クール・ジャパンという国(行政)の企画に参加され、日本茶の様々な可能性、展開を考えておられ、産地視察で宮崎ではうちに寄って頂いたところです。



それでダントンさん。

本音で語る方でした。


茶業界のダメさ具合、本気を目指すなら異業種にも学びはあること、マーケティングの大切さ、とにかく行動ありき・・・等など。


まあ、フランス育ちの同級生は、食いつく様な眼差しで、熱く語ってくれました。


瞳の色と鼻筋の通り方と顔の大きさとオシャレ具合は違えど、「本気で何事にも取り組まなければ、なにも生まれない!」ということでは一致しました。


やるなー、ダントン。








 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
瞳の色の違う同級生
    コメント(0)