2009年05月08日

5/8 お待たせ致しました(^-^)



当園人気商品の一つであります、黒木さんちのお茶「白折」(百グラム735円)がやっと仕上がりました。

白折は、それぞれのお茶屋さんでかなりタイプが違いますが、私が思うには、中華料理屋さんで言うところの焼き飯(チャーハン)だと思います。 つまりその店の力を示す商品! 白折は日々の煎茶の製造から抜き分けて作ることが多く、良い煎茶を扱っていないと良い白折の原料も揃いません

我ながら、分かりやすいお手本みたいな解説ですね〜

ちなみに、うちの白折は煎茶と味をはっきり区別するために、茶葉をやや少な目にし、良質の茎を強火で焙煎して茎特有の香りと甘味を出します。是非お試しください。

*ミニ知識その① 良い白折(茎)は、形が爪楊枝みたいに丸くなく、ぺたんとつぶれて平たいです。業界用語は「ペタ棒」と言います。ペタ棒と言えば、プロ野球で以前活躍したペタジーニは元気ですかね?奥さんがかなり年上でしたよね!

*ミニ知識その② 「白折」は「しらおれ」と読みますが、茶仲間で関西出身のたもちゃんは「しらおり」と言います。そのたもちゃんはカラオケでアニメソングを絶叫する憎めない友人です。




この記事へのコメント
 こんにちは~!看板でお世話になったartisanです。
みやchanブログされてるんですね~。知りませんでした・・・。

先日、御社のお茶とは言わず、
緑茶世界コンテスト1位の事も伏せたまま
父に飲ませたんですが
「コレは、どこのお茶かっ?えらい旨いが~(≧▽≦)ノ彡」
と、大好評♪
飲み終わる前に 「なくなる前に買ってきちょけ!」と言っておりました。

又、ブログにも、お店にもお伺いします~☆
Posted by 奥様奥様 at 2009年05月08日 15:04
アルチザン奥様 有り難うございます。

お茶を誉めて頂くと、木に登るくらい嬉しくなります。

御社とは全然お仕事の関係も無かったんですが、市内をうろちょろドライブする中で、普通の看板屋さんとは違う「空気」を感じていました。
で、世界コンテストで受賞出来た際に「あそこに看板お願いしょ!」・・・でしたが、大正解でした。

来店されたお客様にお茶も看板も誉めてもらえます。
Posted by 新緑園新緑園 at 2009年05月08日 15:16
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
5/8 お待たせ致しました(^-^)
    コメント(2)